おいしい食べ方

トッピング ブルーベリースムージー ブルーベリーパンケーキ ブルーベリーブレックファーストサラダ ブルーベリーマフィン ブルーベリーチャツネとターキーサンドウィッチ ブルーベリーチキンサラダ ブルーベリーパイナップルパフェ ブルーベリーグラニテ ブルーベリーピッツァ

ブルーベリーの上手な選び方、扱い方

生鮮ブルーベリー

生鮮ブルーベリーをご購入されるときは、実が丸々としっかりしていて熟しすぎず、比較的葉や茎が取り除かれているものが良いでしょう。カバーをして冷蔵庫に入れ、ご使用になる直前に洗ってください。洗っていない状態であれば、ブルーベリーは冷蔵庫の中で2週間は保管できます。

冷凍ブルーベリー

冷凍ブルーベリーはスーパー等でポリ袋に入って売られています。これらのベリーは個別急速冷凍されていますので、必要な時に袋から取り出しそのまま使えます。既に洗ってありますので、特に洗う必要はありません。

ブルーベリー解凍のヒント

  • 最良の状態で解凍するには、冷蔵庫で解凍するのが良いでしょう。
  • 解凍後の保存には、密閉容器を使いましょう。
  • 解凍したブルーベリーを再度冷凍することは避けてください。

ブルーベリーベーキングのヒント〜生地を青くしないためには?〜

  • 生地の半分を焼き型に流し入れます。ブルーベリーをのせ、残りの生地を流し入れ、さらにブルーベリーでトッピングします。
  • ブルーベリーに小麦粉かスターチをまぶし、余分な果汁を吸い取らせます。
  • 冷凍ブルーベリーをそのまま生地に混ぜこみすぎないようにし、すぐに焼いて色がにじむのを防ぐようにします。

ブルーベリーが生地の底に沈まないようにするためには?

  • 比重が多すぎるのかもしれません(ブルーベリーが生地よりも密度が高い)。また、生地に空気を含ませ過ぎている可能性もあります。
  • レシピが正しいものであれば、まだ生地がクリーム状の時に気をつけて、空気を含み過ぎないようにしましょう。
ページの先頭に戻る